スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷郁雄『どれも特別な一日』

 ご無沙汰しております。
 来年春以降に出るぼこぼこ出る単著やら共著やらの単行本の仕事が次々に襲ってきて、スケジュール的に死にそうになっていました。
 やっとブログを書く(ブログに逃げるとも言う)くらいの余裕ができた…という感じです。
 こちらについての詳細な情報は、2月半ばくらいから少しずつ出していけるかと思いますので(…はず)、今しばらくお待ちください。

 さて、最近はすっかり献本して頂いた本の感想ブログみたいになっていますが、
 今回は谷郁雄さん著、後藤グミさん絵の『どれも特別な一日』(雷鳥社、2012.12)です。

 実は、お二方とはまったく面識がなく、編集者の方から頂いた本。
 谷郁雄さんは、リリー・フランキーさんが写真を撮られていた『無用のかがやき』を覗いたことがあったなあ…とか、後藤グミさんといえばEテレの『できたできたできた』だよなあ、とか…本当にそれくらいしか存じ上げなかったので大変恐縮なのですが、その分だけ率直な感想が書けるかな、とも思います(笑)

 少々長い上、真面目に書くと文体が変わるというのが本ブログのお約束…ということで、興味あおありの方は、続きをお読みくださいましたら幸いです。
 やはり詩は、どんなに読んでも根拠が希薄なので難しいですね…もしかしたら、作者の谷郁雄さんには、全然違うと怒られてしまうかもしれませんが。ひとつの読みとして、ご容赦ください。

 2012年の更新は、今回が最後になるかと存じます。
 今年一年、どうもありがとうございました。
 また来年も、よろしくお願いいたします。
 それでは、よいお年を!

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

大橋崇行

Author:大橋崇行
文学、ライトノベルなどなどについて、徒然にかいています。
プロフィールの詳細やコンタクトにつきましては、個人HP(→「泉月亭」)をご覧下さい。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。