スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラノベ道 web版 ~レッスルエンジェルス~

「ラノベ道~web版~」では、ライトノベルやアニメについて、論文という形では論じられないような雑感を書いていきたいと思います。(詳しくは、12日の文学フリマにて刊行の紀尾井文学会OB会会誌『Polyphony』をご覧ください!)

さて、第1回は…『レッスルエンジェルス』シリーズ…て、ラノベ関係ねーじゃん!

いや、本当に好きなんですよ、レッスル!

『ライトノベル研究序説』の著者欄に「越後しのぶは俺の嫁」宣言をして、私の周囲では「やりすぎだろ!」とか「大橋はどこへ向かおうとしてるんだ!」とか、かなり物議を醸したんですが、実はこれにはちゃんとネタ(秘密)があったりします(笑)

なにしろ私、ドラクエもFFもやってないのがかなりあるもので、ほぼ全シリーズを制覇したのが、『レッスルエンジェルス』シリーズを除いては、アリスソフトの『ランス』シリーズ、『闘神都市』シリーズ、『大』シリーズくらいですからね(笑)…すみません、ちょっとだけ(かなり)嘘をつきました

ちょうどプロレスを見始めた時期とPC版レッスル第1作をやった時期が重なったおかげで、えらい衝撃を受けました…いろんな意味で。
そんなわけで、今でもトラウマのように情念が残っていて、『サバイバー』が出たときは、本当に泣くほど嬉しかったのを覚えています。長年会ってなかった幼馴染キャラに再会…とかを越えるくらいに。
ちなみに、越後さんのほかに好きなキャラは、南さん、ひかるちゃん、レイ、ラッキー内田、ミミ吉原、メイデン桜崎…みごとに関節系が揃ってますね。あとは、大高はるみ(復活熱望!)、チェルシー羽田、ディアナ&ソニック…あたりでしょうか。

私の友人に、永原ちづるが大好きで、おっぱい眉毛いいよ!と言い続けている人がいるのですが、PC版第2作でジャーマンの壁の制裁を受け、どうしても永原が好きになれない、典型的なオールドユーザーです。
そんなわけでこのシリーズについては、論じるというよりむしろ2次創作とかに走りたいんですよねー。

閑話休題。1つラノベと関係がある点をあげるなら、やはりその遊び方でしょうか。
特にPC版の「3」やPCエンジン版、スーファミで出た『列伝』、それから『サバイバー』と『サバイバー2』なんですが、これらの作品では、プロレス団体経営シミュレーションという形をとっています。『サバイバー』からは各キャラとの会話パートやイベントが加わりましたが、基本的には選手を獲得し、育て、マッチメークをして興行をうつ…という作業の繰り返しです。

ただ、興行をうつとき、機械的にマッチメークをしてはつまらない…ということで、プロレス的な選手の軋轢や人間関係を想像して、頭の中でストーリーを組み立て、選手たちに会話やマイクパフォーマンスをさせ、それにしたがってマッチメークをする…つまりこのゲーム、頭の中でストーリーを作るという遊び方を大前提にしないと、面白くないんですよ。

よくラノベに影響を与えたものとして指摘されるのがTRPGなわけですが、『レッスル』の場合、実は、キャラクターの会話を作りながらTRPGをやるより、もっと高度な遊び方を求められているんですよね。これは、ユーザーを選ぶよなあ…

私がプレーした中で大ヒットだったのは、ラッキー内田を団体の2番手くらいまで育てたのに、8月に開催したリーグ戦(ユーザーの皆さんなら、もちろん『アテナクライマックス』とタイトルをうちますよね!)でみごとに全敗! そこから、内田さんがシャワー室に引き揚げたあと、誰もいない中で、ひとり悔しさのあまり、珍しいほど大きな声をあげて号泣する…というシチュを想像(妄想)して、私一人で身悶えてました。(そのとき端から誰かに見られてたら、完全にただの怪しい人ですね)

『レッスル』で「勝てない人」といえば、ボンバー来島と桜井千里なんですが、おかげで私の中では勝手に「内田さん=勝てない人」というイメージになっています。(違う!という方、すみません…)

何の話しとんねん!と思った方は、とりあえずこちらへ
 →http://www.success-corp.co.jp/software/ps2/wa/
   (『レッスルエンジェルスサバイバー』公式サイト)
  http://luciora.cool.ne.jp/index.htm
   (「萌天」様 レッスルの老舗ファンサイト)
  http://digdug006.blog118.fc2.com/
   (「堀専」様 金森麗子、可愛すぎます!)

というか、新作でないかなぁ…またこれから10年待つとかはやだなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大橋崇行

Author:大橋崇行
文学、ライトノベルなどなどについて、徒然にかいています。
プロフィールの詳細やコンタクトにつきましては、個人HP(→「泉月亭」)をご覧下さい。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。