スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第27節 磐田戦

久し振りにアルビのネタです。
磐田1―0新潟

またロスタイムの失点ですか(泣)
スポーツバーでのテレビ観戦でしたが、素人目にも、内容的には悪くはなかったんですよね…。
ブルーノ、ミシェウ、アンデルソンを3枚揃える形も、可能性は感じましたし。
でも、もうそんなことを言っていられる状況じゃないよなぁ。

まあ、攻撃に入ったときに不用意なパスをカットされるのと、守備のときの寄せの甘さ、攻撃時にいつも人数が1枚足りないというのは相変わらずで、改善される気配がないですが…こればっかりは、そう簡単に変わるものでもないですしね。

ただ気になるのは、ここ数節、試合を重ねるごとに、それがだんだん目に見えてきてること。
ちょっと慎重になりすぎている感が拭えないかなぁ…失点するのが怖いと思うあまり、後の選手が前にでていけないというか。このあたりが、一見決定機に見えるチャンスでも、けっこうゴールが遠い理由かなあ。
たぶん今のサッカーだと、かなりスーパーなゴールじゃないと決まらない。

シュートがバーを多く叩くのは選手の技術とか運と言われがちですが、たぶん、それだけで片づけられるものでもないんですよね。相手の守備をもっと別の形でくずしていれば、別の可能性があったというか。
で、それをくり返して決めきれなかったことが、試合の終盤になるとボディブローのように効いてきて、最後の失点につながっている感じです。
これ、やばいよ。完全にどツボにハマってるチームのサッカーだよ。

甲府が勝って、降格圏と勝ち点差2。そろそろ、覚悟を決めなくてはいけない時期です!
2008年より、明らかに事態は深刻。J1昇格後、初めての本格的な残留争いです!

(こんなことを書くと怒られるかもしれませんが…)こうなったら、この状況、気合いを入れて楽しみましょう!!
試合を見ているだけでドキドキする。
1プレー1プレーごとに一喜一憂する。

これって、J2で優勝&昇格争いをしていたとき、そして、J1に昇格した直後以来じゃないですか!
ビッグスワンに毎試合4万人が入っていたときの高揚感じゃないですか!

毎週のように試合をみていて、たしかにずっとそういう気持ちはあるんだけど、その気持ちが毎年チームが中位にいるなかで、いつの間にか弱くなっていたんですよね。
そう考えれば、今年みたいに、試合に入り込んで見られのって久し振りですよ!
だから…やってやろうじゃないの!

もちろん、シーズンが終わって残留を決めているのは、アルビだけどな!

なでしこJAPAN、決勝行った!

なでしこJAPAN、決勝まで行きましたね!

準決勝でやっと盛り上がってきたというあたりが、逆に、女子サッカーのマイナー度を痛感しましたけど。

『なでしこWING』(↓下の記事をご覧下さい)も、こういう時期と最終選考が重なってたら出てたかもしれませんね(笑)

なでしこ、ドイツに挑め!

甲府戦は…なにも言うまい。亜土夢(泣)

さて、『なでしこWING!』を閲覧して下さった皆さま、誠にありがとうございます。
(こちらです→http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=106978
※携帯からは機種によって移動できないようなので、お手数ですが、「FC2小説」のページから、「なでしこ」で検索してください。

ちょと「ラノベ道」っぽくなりますが、いちおう編集部の方から落選理由は伺っておりまして、
いくつかご指摘いただいたのですが、ごく簡単に。

いちばん大きいのは
①スポーツものはラノベでは鬼門! 女子サッカー部なんて、無理!!
②ヒロインと戦術の部分、マニアックすぎ!
という2点でした。まあ、そうですよね(苦笑)

まあ、今なら『ロウきゅーぶ!』もあるし、ちょっと状況は変わってるかも知れませんが、
やっぱり、ルールを知らないとなかなか買っていただけないというのは
大きなハードルだそうです。
個人的には、ラノベ読者には『ウイイレ』で遊んでる人も多いから、いけると思ったんですがね…

ただ、マニアックになった分、女子サッカーについては、
特徴とか、男子との戦術のちがいとかをかなり勉強して書いておりまして、
おかげでアルビの試合を観るときにも、非常に参考になりました。
読んでいただいた方はご存知かと思いますが、あれでも、戦術部分はかなり抑えたんですよ!

それから一方で、サッカー小説は、スポーツもののなかでいちばん難しいものの一つだけれど、
戦術に注目することでそれをクリアした…というのは、褒めていただいた記憶があります。
野球なら、基本的には1対1の対決という状況が続くんで、あさのあつこ『バッテリー』のように
小説にすることもわりとできるんですが、サッカーは11人が連動して動くので、
それを書くのはたしかにしんどいですね。

そういう意味では、習作としてもものすごく勉強になった作品でもあります。

というわけで…なでしこJAPANです!(いきなりだな…)
我等がアルビのレディースからも、上尾野辺選手と阪口選手が代表として選ばれているので、
個人的には非常に注目しているのですが、なかなかマスコミの注目度はあがりませんね…
U―17とコパ・アメリカに食われた感があるんだよなぁ。

女子サッカー、おもしろいですよ!

それで、なぜ『なでしこWING!』のヒロインである深雪を
ドイツサッカーオタクにしたのかというネタともかかわるんですが、
ドイツは男子が強いことはもちろん、女子サッカー界では絶対王者として君臨しています。
しかも、今回は地元開催ですからね。いつも以上に、本気度が高いでしょう。

だから、決勝トーナメント1回戦は本当の山場!
これに勝てば、本当にひょっとするとひょっとします!!

実は、いまごろこの小説をネットにあげたのも、なでしこJAPANの活躍を見ていて
ふと思い出したというのがいちばん大きかったりします。

ということで…次のドイツ戦、注目しましょう!

アルビレックス新潟 第2節 山形戦

やっと勝ったー
…というわけで、いきなりアルビレックス新潟の話です。

いや、ブログはじめてからずっと、アルビのことは書こうと思ってたんですが、
試合に勝ったら書こうと思ってたら…これが長かった(泣)
なんたって、J1昇格以来最長の9試合勝ちなしに、みごとにぶつかってしまったわけです。

もともと(鈴木)大輔と(酒井)高徳、ヨンチョルがいないオリンピック予選の時期はかなり厳しいだろうと不安ではあったのですが、みごとに的中…
でも結局、U―22代表で高徳はベンチ入りしなかったんですよね。
だったら呼ぶなよ!
もしかすると、新潟に勝たせないための誰かの陰謀かと本気で思いましたよ!

とはいえ、昨日のMVPは問答無用で(田中)亜土夢!
25メートルのフリーキックは、何度見直してもすげぇっ!
仕事でなかなか新潟には行けないもので、昨日は都内のスポーツバーで友人と見ていたんですが、
ずっと課題と言われてきたポジショニングとかピッチ内での動き方も、だいぶよかったんじゃないかと。
ミシェウさんとのコンビは見応えありましたね。
ヨンチョルが帰ってきたら、MFは右にヨンチョル、左に亜土夢でいいんじゃないかなぁ…と思えるくらいに。

やはり地元出身の選手だし、この1試合で覚醒してレギュラーに定着してほしいですねー。
なにより、待望のFKキッカーができたのが大きいですよ!
一度、成功すれば、直接狙うか、クロスを入れるかで、相手GKにも迷いが生じやすいでしょうし。
そんなわけで、逆襲の7月といきましょう!

追伸
9月に〈戦闘美少女〉と〈魔法少女〉について学会発表(!)をする予定なんですが、
その関連で70~80年代の女子プロレスについて調べていたら、
アルビ公式サイトでコラムを連載されている、えのきどいちろうさんの御著書に突き当たりました。
なんだか、宿命めいたものを感じましたよ(笑)

それにしても、えのきどさんは、本当に文章が上手いですよね…
自分も一応文章書きの端くれではあるんですが、毎週配信されるものを読むたびに、
エッセイとかコラムの書き方という点ですごく勉強になります。
まだまだ精進せねば。
プロフィール

大橋崇行

Author:大橋崇行
文学、ライトノベルなどなどについて、徒然にかいています。
プロフィールの詳細やコンタクトにつきましては、個人HP(→「泉月亭」)をご覧下さい。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。